全ての記事

抗原検査の備蓄をお勧めする理由

抗原検査は各自治体で備蓄され、学校や介護施設で配布しています。

爆発的にコロナウイルスがまん延する中、自治体だけではなく個人でも備蓄の必要があると思います。


今回は抗原検査を備蓄する理由や今後備蓄が必要な理由をお話していきます。




自治体が抗原検査を備蓄している理由


抗原検査はネットや店頭で販売をされている以外にも、いろいろな使われ方があります。

新成人に抗原検査を配布したり、風邪の症状が出た人に抗原検査を一人あたり2個配布したり、学校、保育園、民間企業に抗原検査を配布したりと自治体で、コロナウイルス感染防止対策で取り入れています。

自治体が取り入れていてもPCRの様に受けられなくなったり、物が尽きたりしますので個人間でも抗原検査を自宅に置いておきましょう。



個人でも抗原検査の備蓄が必要?

コロナウイルスがまん延している最中は、抗原検査の備蓄は個人でも必要になるかと思います。

離れている家族に会うために実家に帰るとなったら、「コロナウイルスを持ってきてしまうかもしれない」と不安になるかと思います。

そういう時にこそ、抗原検査を使いコロナに感染していないかを確認して、親族やご近所さんが安心できる環境にしたり、会社に備蓄をしておくと、体調不良の人が出たら迅速にコロナに感染しているかを確認できると同時に、近くにいた人も同時に抗原検査ができます。

社内クラスター防止や取引先にウイルスを移すリスクが少ないので、PCR検査を受ける前に手軽にできる抗原検査をしましょう。


抗原検査を常に備蓄しておくことで、家族や近くにいた人がコロナに感染したときにすぐ検査ができ、「何かあってから買う」では遅い可能性もありますので、防災グッズと同じ感覚で備蓄をすることをお勧めします。


サステナブル・プランニングの提供するVazyme社の抗原検査キットは、


■PCRと比較して安価。

■PCR検査キットとの感度、特異度が一致率100%

■オンラインで医師相談も実施しているため、陽性反応が出た場合の不安もサポート。

■法人向けサービスに特化しているためキット販売会社には珍しく後払いOK!


デルタ株やラムダ株にも対応しているので、どのコロナウイルスに感染していても検査結果が分かります。

使用方法は「スムーズな検査を実現! 抗原検査キットとは」のコラムはこちら。をご確認ください。



まとめ

感染力が高い変異株が出ている今、一人一人が感染しないよう防止をし、コロナに感染したか疑わしい症状が出たら抗原検査を使い「今コロナに感染しているか」を調べましょう


Vazyme社の抗原検査キットに関する問い合わせやご注文は、こちらからできます。