時代の最先端「メタバース」に迫るっ!

みなさんはメタバースとは何かご存じですか?

詳しくは「時代の流行に乗り遅れるな!「メタバース」って知ってる?」という記事で説明しましたが、簡単に説明すると、オンラインにつくられた仮想空間で、思い思いのアバターで生活できるというものです。


フェイスブックが会社の名前を「Meta(メタ)」に変更するほど本気になっているメタバースは、リアル感あふれる会議から土地の売買まで、ビジネスの面でも動きが出ています。

メタバースというブルーオーシャンに参入しようとしているのはフェイスブックだけではなく、あの‘ウォルト・ディズニー‘も決算会見でメタバースへの参入を準備しているということを明らかにしました。

他にも、マイクロソフトは会議ソフトteamsにアバターで参加できるようにするMesh for Teamsを来年にも提供する計画を発表しました。


世界の名だたる企業がメタバースへの参入を発表していますが、日本でもゲーム会社のグリーがメタバースへの参入を宣言しました。

メタバースはビジネス面でも動きがあるということを前にお話ししましたが、新規ビジネスだけでなく、新たなマーケティング施策も行えるようになります。


現状だとVRゴーグルなどの機材や高性能なパソコンなど、メタバースを楽しむためにはある程度の費用と知識が必要になりますが、これからいろいろな企業の参入によって手軽になっていくと考えられます。

少し先の話にはなると思いますがメタバースが普及し発展していくと、私たちの生活が180度変わってしまうかもしれませんね。



その頃にはコロナ禍というのも過去のものになっているといいですね。

コロナ禍を過去のものにするためにも感染症対策やワクチン接種が必要です。

ワクチンを接種することで「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」となる中和抗体が獲得できます。


感染者数のリバウンドを阻止するために我々ができることは、

〈マスクの着用と、3密の回避と、ワクチンの接種〉です。

接種の加速化を図っていくためにも、企業が職域接種の運用も検討していかなければなりません。団体ワクチン接種を行うことは後に集団で免疫を獲得するためにも必要な感染防止対策となるでしょう。



そこでサステナブルプランニング社では、会社でのワクチン接種「職域接種」の運用をコーディネートしてくれるサービスがあります。


■ 企業様の希望に沿ったサポートプランを用意しているので、比較的低価格な料金設定。

■ 病院に行かなくても良いため、時短で負担減+二次感染を防止。

■ コロナウイルス流行以前より、インフルエンザワクチンの出張法人ワクチンの実績有。

■ 医療法人社団宗仁会との提携で、複数の医療機関とのネットワークがあるので

 実施日や接種人数にも柔軟に対応可能です。


 法人・団体ワクチン接種のお問い合わせは、こちら

Healthy Standの他の記事は▶こちら

医療法人社団宗仁会 監修



検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 


オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットも販売中!          当日配送便もございます!

  

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!


 【初回2,000円OFF!】
nosh-ナッシュ
の低糖質食事宅配サイトとコラボ!

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ