心と胃を満たそう!「ギルティフード」でSNS映え

ギルティフードとは
カロリーが高く、罪悪感を感じる食べ物のことを指し、コロナ禍でZ世代の若者に流行しています。


コロナストレスの中、大盛の食べ物に挑み高カロリーで体に悪そうなものをあえて食べるという背徳感と共にささいな幸福感を得ることができる。
そんなギルティーフードの流行により、昨今SNSでの“映え”も綺麗・かわいいものからインパクトのあるギルティ映えへと変化しています。


ぜひあなたも、インスタグラムなどSNSで「ギルティ映え」を狙ってみませんか?


【カロリーなんて関係ない!「ジャンボから揚げ」】

唐揚げのカロリーは100g(2,3個)で約300kcalで、おかず単体でみると、少し高めですが
「ギルティ映え」ではそんなこと関係ありません。

唐揚げの中でも、台湾の「大鶏排(ダージーパイ)」は顔より大きい唐揚げで
台湾唐揚げ専門店や、自宅で簡単に作れますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。


【ギルティ映え間違いなし!コストコでアメリカンサイズを楽しもう!】


コストコにはアメリカンサイズのピザ(直径25cm)や巨大焼きプリンが人気ですが、
忘れてはいけないのが48人前という特大ハーフシートケーキがあります。
1人で食べきれる人はなかなかいないと思うので、日を分けて食べるか家族や友達とシェアして食べるのもいいですね。


・まとめ

新型コロナウイルスが流行する以前もコロナ禍である現在も、環境の変化などでストレスは日々たまっていきます。


今回紹介した「ギルティフード」でストレス発散をしてもいいかと思いますが、食べ過ぎはあまりお勧めしません。

ストレスをためないことも大切なので、自身でチートデイを設けてその日だけは満足いくまでギルティフードを食し、
それ以外の日は免疫力がアップする発酵食品や野菜中心に食べるなどの工夫をして
健康な体づくりを心がけましょう。


オミクロン株が発見されてから、その感染力の高さなどが警戒されている現在、
新型コロナウイルスの流行は再度終息の見えない状態となってしまいした。
コロナ禍のストレス解消も人それぞれで、さまざまな方法が話題になりました。
コロナ禍の2年を経験した今だからこそ、これまでの経験を活かし経済を停滞させることなく生活を送る必要がります。
多くの従業員を抱える企業や少数精鋭の企業、どちらも最も避けたいのは社内での感染拡大です。
既に多くの企業が3回目の職域接種に向けて動き始めています。

自身や周囲の人のためにも職域接種を検討してみてはいかがでしょうか?


■ 企業様の希望に沿ったサポートプランを用意しているので、比較的低価格な料金設定。

■ 病院に行かなくても良いため、時短で負担減+二次感染を防止。

■ コロナウイルス流行以前より、インフルエンザワクチンの出張法人ワクチンの実績有。

■ 医療法人社団宗仁会との提携で、複数の医療機関とのネットワークがあるので

  実施日や接種人数にも柔軟に対応可能です。


法人・団体ワクチン接種のお問い合わせは、こちら


Healthy Standの他の記事は▶こちら


医療法人社団宗仁会監修




検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 


オフィシャルネットショップでも販売中!

PCR検査キットも販売中!          当日配送便もございます!

  

 

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。

  

先着120名様にもれなく
お米プレゼントキャンペーン実施中!

 

Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!


 【初回2,000円OFF!】
nosh-ナッシュ
の低糖質食事宅配サイトとコラボ!

Ranking

記事ランキング

Tag

タグ

Sitemap

サイトマップ