自宅療養・ホテル療養は○○に気を付けて!


2021年9月末に緊急事態宣言が明け、感染者数が激減しましたが、AIの予測によると第6波は12月に来ると言われています。


中和抗体が機能しないと言われている変異株「ミュー株」が流行すると感染者数が急増するかと思います。


コロナウイルスに感染しないよう予防も大事ですが、コロナウイルスに感染した後の知識もつけておきませんか?


感染後、軽症、中等症の方は自宅やホテルで療養しますが、その際に気を付けてほしい病気があります。


その気を付けるべき病気は、「エコノミークラス症候群」です。エコノミークラス症候群は、肺血栓塞栓症、深部静脈血栓症の事をいい、足の静脈に血栓ができて、その血栓が肺の血管に運ばれ、急に息ができなくなってしまう病気です。

症状は足や膝が腫れます。次いで、ふくらはぎや大腿に激しい痛み、肺の血管がつまった場合には、突然、胸痛と息切れが起きます。

(引用:

https://www.forth.go.jp/useful/attention/20.html#:~:text=%E7%AA%AE%E5%B1%88%E3%81%AA%E5%BA%A7%E5%B8%AD%E3%81%A7%E9%95%B7,%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%88%E8%82%BA%E5%A1%9E%E6%A0%93%E7%97%87%EF%BC%89%E3%80%82)


2011年の東日本大震災、2016年の熊本地震で自身の車で生活する方や避難所での生活を余儀なくされた方にエコノミークラス症候群が見られ、多くメディアで報道されていました。


原因は血流などが静脈内などに停滞し、血液が固まりはじめてしまいます。

日本静脈学会は9月に新型コロナウィルス感染症の方もかかりやすいといわれていると発表しました。

(引用:


https://js-phlebology.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/20210902%E4%BA%88%E9%98%B2%E7%94%A8%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88PDF-1.pdf)



予防としては室内で歩行、ラジオ体操などの室内の運動や水分補給、弾性ストッキングの着用、体を動かすことが難しい場合は、つま先の下げ上げなどの簡単な運動が有効とされています。


エコノミークラス症候群は重症してしまうと、最悪死に至る病気です。


療養中、脚がむくんだり、腫れたりした、急に息が苦しくなった場合は、早急にかかりつけの医師や救急安心センターなどに相談しましょう。


コロナが完治した後、約2週間後にはコロナウイルスに感染しづらくなる、コロナウイルスに感染したとしても重症化しづらくなると言われている中和抗体が保有されます。


自宅で簡単に出来る「中和抗体検査キット」で、今コロナにかかりにくい体かを確認しませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは

■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、長時間待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


ワクチンパスポートが各国で使用されている中、実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀








検査キット各種 Amazonで好評販売中!

 

オフィシャルネットショップでも販売中!

⇓⇓ あんパス、円で発行中!  加盟店ご希望の方はこちら ⇓⇓

 

↓↓抗原検査キット↓↓

 公式Twitter・Instagramのフォローをお願いいたします。