全ての記事

スマホ依存、ゲーム障害、ネット依存



新型コロナウイルス感染症のパンデミックがスマホ依存、ゲーム障害、ネット依存に及ぼす影響を考えてみました。


調べてみると、コロナ禍でコロナ前よりスマートフォンの利用時間が増加したことや、ゲーム障害、ネット依存傾向の割合はコロナ前と比較し1.5倍以上増加したことなどがわかりました。


スマートフォンやゲーム、インターネットの誤った利用は依存症のような状態に陥るリスクがあり、スマホ依存、ゲーム障害、ネット依存などの呼称で知られています。


新型コロナウイルス感染症の影響がある現在、外出自粛や観光施設の閉鎖など、家で過ごすことを強いられる状況では、これらの問題は学力低下や体調不良、家族関係でのトラブル経験の増加といった事態に陥る可能性が考えられています。そこでコロナ前、コロナ禍のスマホ依存、ゲーム障害、ネット依存のデータを比較し、スマートフォン・ゲーム・インターネットにおける依存状態がどのような推移・傾向を示すのかを調べてみました。




コロナ前と比較して、コロナ禍では平日、休日のスマートフォンの利用時間が増加した一方で、スマホ依存傾向を示す人の数はわずかに減少しているようです。中でも、「スマホ使用のため、予定していた仕事や勉強ができない」という意見が若干少なくなっていました。一方で、「スマホを手にしていないとイライラする、怒りっぽくなる」という人が増えた気がします。


「スマホ使用のため、予定していた仕事や勉強ができない」と言う人が減少したのは、新型コロナウイルス感染症による外出自粛、テレワークの普及など各種オンライン化によってスマートフォンの利用機会が増え、スマートフォンが仕事や勉強を邪魔する存在から、生活のための重要な存在に変わり、スマートフォンに対する問題意識が低下したことが要因である可能性があると考えられます。


しかし、「スマホを手にしていないとイライラする、怒りっぽくなる」と増えていることから、スマートフォンが使えない状況になった場合、コロナ前に比べストレスを感じやすくなった可能性があります。




コロナ禍ではゲーム障害とネット依存傾向がある人が1.5倍以上に増加しています。また、ゲーム障害の中核的な症状である「耐性」「離脱症状」も増加しています。これらの症状を持つ人は、ゲームプレイの長さに問題を感じてもゲームをやめにくく、治療にも時間がかかるとされています。また、ゲーム障害に関しては症状の傾向から、一過性の問題ではなく、コロナ禍収束後も持続した問題となる可能性も示唆されました。


ゲーム障害やネット依存傾向がある人を示す割合の増加は、新型コロナウイルス感染症のパンデミックによるストレスが一因として考えられます。中でも、新型コロナウイルスの感染者は感染による大きなストレスに対処するためゲームにのめり込み、ゲーム障害のリスク増加に繋がった可能性があります。


スマホ依存、ゲーム障害、ネット依存はパンデミックなどの環境変化に大きく影響されるということが分かりました。今後も継続的に調査を行い、スマートフォン・ゲーム・インターネットの過剰利用の問題がパンデミックを経てどう変遷していくのかを見ていきたいと思います。


まだまだコロナ禍は終わらないと思いますのでスマートフォンやインターネットを生活にうまく取り入れてやっていく必要があると考えました。また外出する際は中和抗体がきちんとあるかチェックもしていきたい。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀