全ての記事

時代の流行に乗り遅れるな!「メタバース」って知ってる?




・メタバースとは

メタバースとは、多人数が参加可能で、参加者がその中で自由に行動できる、通信ネットワーク上に作成された仮想空間のことです。


メタバースという言葉は、メタ(meta:超)とユニバース(universe:宇宙)から作られた合成語で、もともとSF作家のNeal Stephensonが自著の中で記述した仮想世界を指す名称でした。


現在、メタバースは、インターネット上に構築される多人数参加型の3次元仮想世界を指す言葉として使われていて、 メタバース内のユーザーはアバターと呼ばれます。アバターを操作して自由に様々な行動を取ることが可能です。アバターの行動に制約が無いことから、現実世界同様、娯楽はもちろん、コミュニティ運営、教育、広告、販売、その他のビジネスなど様々な展開の可能性が指摘されています。



・なぜ人気になったのか

メタバースへの関心が加速度的に高まったのは、新型コロナウイルスのパンデミックが原因かもしれないと考えられます。リモートで勤務や学校の勉強をする人々が増えたため、より現実世界に近づけたオンライン交流の需要が高まりました。


現在、人々がオンラインで交流する際にはソーシャルメディアのプラットフォームを訪れたり、メッセージアプリを利用したりします。メタバースが目指すのは、人々がもっと多次元で交流できる新たなオンライン空間を作り出すことです。そこではユーザーがデジタルコンテンツを見るだけではなく、自らその中にどっぷりつかることができます。




仮想空間で歌手やバーチャルユーチューバーなどがライブを行っていたりして、これからメタバースというトレンドに様々な企業が引き寄せられています。



・まとめ

コロナ禍によって、オンライン授業やリモートワーク、仮想ライブなど家からできることが増えています。しかし、ライブはやっぱり生で見て聞きたいと思ってしまいます。


そのためにはコロナ禍の終息が必要です。感染症が終息するには集団の七割が抗体を持つことだと言われています。ワクチンを接種すると「中和抗体」が生成されます。中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。中和抗体を保有することは自分の為だけでなく、他人の為にもなっています。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀