全ての記事

コロナ対策?急いで鉛筆を削るわけとは?



今年の12月でコロナ禍になり約2年が経とうとしています。そんなか10月19日に公示されたのが衆議院選挙です。各党の党首が全国各地で支持を呼びかけました。“コロナ禍の選挙”ということで、準備期間が短く自治体も準備に追われています。



なぜ鉛筆を削るのか?

群馬県太田市の今回の衆院選では感染防止対策として投票に使ったあとの鉛筆を持ち帰ってもらうことにしました。


その為市の職員は投票所で使う鉛筆を1本1本削っています。発注した数はなんと10万3000本。しかし投票日が予想よりも早まったため20日からの期日前投票に間に合わなくなり急きょ抗ウイルス機能があるという鉛筆を1万本購入しそれを職員が仕事の合間に削っているというのです。



感染対策は他にも!



選挙活動には欠かせない選挙カーの選挙レンタカーVは専門業者となって10年ほどで全国に約80台の選挙カーを保有しています。1台事に感染対策を施しており、選挙レンタカーVの代表者は「コロナ禍ということで支持者を集めて市政・県政報告会などが出来ない中で認知してもらうため広報車を走らせるというニーズが急激に増えた」と話しています。


他にも投票所等には各市区町村の選挙管理委員会から下記のような感染症対策が講じられています。

・投票所、期日前投票所にはアルコール消毒液を設置

・投票管理者、投票立会人、投票所事務従事者はマスクを着用

・投票所内は定期的、積極的な換気を実施

・投票記載台、鉛筆当不特定多数の方が触れる箇所は定期的に消毒


選挙の投票に行かれる方も感染対策をばっちりにして投票へ向かうようお願いします。





最後に

現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は、▶こちら◀