全ての記事

感覚が鈍ったパイロット、「ヒヤリ」多発?!



新型コロナウイルスが流行し始めてから今年の冬で約2年が経とうとしています。コロナ禍になり様々なところで変化が起こりつつありますがある航空会社では変化に対応しきれなくなっていました。


久しぶりの操縦であわや事故?


ある航空会社のパイロットは、離陸に必要な2基目のエンジンを起動し忘れ、その場で飛行中止の判断をしたため大事に至らなかったが、あわや惨事になっていた恐れがあります。このパイロットは新型コロナウイルスに感染し、休暇を取って体調を回復させた後で現場に復帰したところでした。


別のパイロットはパンデミック(感染の世界的大流行)による7カ月のレイオフ期間を経て久しぶりに操縦しました。ある早朝、着陸態勢に入った後でタイヤ部分(着陸装置)を出していない事に気づき、滑走路のわずか240メートル手前で着陸を取りやめたというのです。


第三次を引き起こしかねなかったこれらのミスはいずれも、この数か月内にアメリカで起きたものです。ただミスは他にも数多く、パンデミックが始まって以降に操縦感覚を鈍らせたパイロットによる報告が相次いでいます。こうした報告は内密に行われ、世間の目に触れにくいデータベースに保管されていると言われています。米連邦航空局(FAA)が資金を拠出するこの航空保安報告システムは数年前から稼働していますが、世界の空に航空機がも戻りつつある現在、警告サインを発している状態という事です。


コンサルティング会社によると航空会社は世界全体で10万人程のパイロットを長期の休暇扱いにしたり、最低限の時間だけ勤務に就かせるなどしてきました。1年半余り操縦をしていないパイロットも多いそうです。ワクチン接種率が高まり航空機の利用が再開される中、パイロットの技能定価や以前に比べて操縦に自信を持てなくなっていること、あるいは一瞬の失念が悲惨的な事故につながるとの懸念が高まっているようです。


アフターコロナは海外旅行に行きたいと思っている人も多いと思うので航空業界はひどい事故を起こすことを避けなければならないと思います。




最後に、現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀