全ての記事

ニンゲン、モウ、イラナイ



ロボットが人間の代わりに仕事をする時代は遠くないどころかもう目の前まで来ています。


ロボットという言葉にはもともと「人間が行う動作を代わりに行う機械」という意味があります。例えば工場の機械は人間の代わりにパーツを組み立て、塗装を行い、不良品をチェックしてくれます。


ドラえもんやアトムのようなコミュニケーションを取れるロボットはもうSFの世界の話ではなくなってきています。今回はそんな一般の方とも関わり合うロボットの先駆けとなるであろう、接客型ロボットの最新事情についてご紹介します。


接客ロボットとは文字通り接客を行うロボットのことです。工業用の機械のように、いかにもロボットといった効率を追求したものではなく、人間に近いデザインになっているものもあり、違和感があまりないデザインになっているのが特徴です。飲食店やホテル、病院などで既に活躍しています。


ロボットに接客してもらうことで、人件費の削減、24時間稼働や海外の方の接客が簡単になります。


2022年からは有名チェーンでも接客ロボットの導入が開始され、これからも接客ロボットの導入は進んでいきます。


その背景には新型コロナウイルスの影響で非接触のサービスを求める声が増えたこともあり、ロボットへの期待が高まっています。



まとめ

技術の進歩によってSFの世界は現実に近づきつつあり、コロナ禍で人との接触をできるだけしないようにすることが求められ、ロボットを求める声も増えています。簡単な接客業ならもうロボットが行っているところもあります。それだけ人類はコロナに感染することを恐れています。コロナに感染しないためには対策をしっかりと行い、抗体を持つことが必須です。ワクチンを接種すると「中和抗体」が生成されます。中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。中和抗体を保有することは自分の為だけでなく、他人の為にもなっています。


新型コロナウイルスを人類の黒歴史にしないために中和抗体をどれだけ保有しているか検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀