全ての記事

大災害コロナ から紅の恋歌



千早ぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは


これは平安時代の歌人“在原業平”が詠んだ歌で、百人一首や古今和歌集に収録されています。


龍田川の水を紅葉で唐物の紅のように真っ赤にくくり染めにするとは不思議なことがあったという神代でも聞いたことがないというような意味の和歌です。


このように紅葉は昔から日本で美しいものとしていろいろな人を魅了しています。実際に日本の紅葉は世界一美しいと言われています。


木には常緑樹と落葉樹というものがあり、そのうち紅葉するのは落葉樹のみです。その落葉広葉樹が多く存在しているのは日本を含む東アジアやヨーロッパの一部、北アメリカの東部に限られています。その中でも日本の紅葉が美しいと言われるのは葉の色彩が鮮やかだからです。落葉広葉樹の種類は日本で26種類、ヨーロッパで13種類、紅葉が有名なカナダでも同じく13種類です。紅葉する木の種類が多いということは、それだけ色の種類も多くなるということです。欧米での紅葉と言えば、単色が多いようです。それに比べ日本は、赤や黄色、オレンジ色があり、常緑樹などの緑色も混ざって多彩で美しい紅葉がみられるのです。落ち葉でも絵になるのはこのためですね。


また、日本で紅葉の名所と呼ばれている場所には、寺や神社が少なくありません。寺や神社と紅葉は風景としてとても相性が良く、それが海外の紅葉にはない魅力となっているようです。


このように「日本の紅葉は世界で一番美しい」と言われるのには、色のバリエーションの豊富さ、日本ならではの寺や神社との調和があったようです。


今年は台風や大雨による木や葉への影響が少なく、葉が色付くために必要な適度な日照と雨、気温低下が見込めることから、鮮やかな紅葉が期待できるそうです。9月後半からは暖気が流れ込み、また、東北や関東甲信では11月も気温が平年より高い傾向にあるため、これから見頃を迎える名所では平年より5日前後遅くなるとみられています。一方、東海や北陸、西日本では、11月は気温が平年並かやや低い傾向になる予想で、多くの名所で平年並か早い見頃を迎えそうです。




まとめ

世界一美しい紅葉と言われている日本ですが、今年は例年以上に美しい紅葉が見ることができそうですね。


しかし、未だにコロナ禍です。見に行く際はしっかりと感染症対策し、ワクチンを接種して心の底から楽しみましょう。ワクチンを接種すると「中和抗体」が生成されます。中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。中和抗体を保有することは自分の為だけでなく、他人の為にもなっています。


新型コロナウイルスを人類の黒歴史にしないために中和抗体をどれだけ保有しているか検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀