全ての記事

肉なのかい?肉じゃないのかい?どっちなんだい?



最近、スーパーやコンビニなどで、「大豆ミート」や「フェイクミート」という言葉を見かけます。身近では、イオンで大豆ミートのパスタソースやハンバーグが販売されていたり、モスバーガーやドトールなどでは大豆ミートを使用したハンバーガーが発売されていたりしました。なぜ大豆ミートをはじめとし、本物の肉ではない代替肉の需要が高まっているのでしょうか?今回は、代替肉について詳しく解説していきます。



・代替肉とは

代替肉とは、植物性の食材を使用し、食感、形、味などを肉に似せた食品のことです。


原材料としては、大豆が一般的ですが、その他にもエンドウマメやそら豆も使用されます。プラントベースミートやフェイクミートとも呼ばれることもあります。


代替肉が最近注目されている背景には、畜産業による環境問題や食料問題が深く関わっている点が挙げられます。それらの問題を解決しようと開発されたものが代替肉です。



・代替肉のメリット

代替肉の最大のメリットは地球に優しいという点です。


牛肉を例にとってみると、アメリカでは年間260億ポンド(約1180万トン)もの牛肉が消費されていますが、実はこれだけの牛を食用にする過程では、計り知れないほど地球に大きなダメージを与えているのです。



・まとめ

コロナ禍で健康志向が高まった消費者の多くは、「食肉加工工場の衛生管理が不安」「食肉に比べて代替肉はカロリーが低く、コレステロールはゼロ。健康によい」「オーガニックの食肉ではない限り、ホルモン剤や抗生物質を使用した食肉は健康によくない」と考え始めたことにより、代替肉の関心が高まっています。しかし、本当に健康になるならもっと当たり前のことを当たり前にやっていくことが大切です。病気にかからないことが一番の健康です。手洗いうがいなどの感染症対策をしっかりやっていきましょう。感染症が終息するには集団の七割が抗体を持つことだと言われています。ワクチンを接種すると「中和抗体」が生成されます。中和抗体とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」です。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避することができます。中和抗体を保有することは自分の為だけでなく、他人の為にもなっています。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか検査してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀