全ての記事

「自宅で最期を迎えたい人」が増加?!



コロナ禍で、病院は面会が制限されていることから、「在宅死」を考え始める人が増えています。本当に自宅で最期を迎える事は可能なのか?手続きは難しくないのか?お金はどれくらい必要なのか?様々な疑問が生まれてきます。


コロナ禍で面会が許されない現実

Aさん(80)は昨秋から体調不良が続き、病院で検査を受けたところ末期がんという事がわかりました。


余命はもって半年というすぐには受け入れがたい事実を医者から告げられたAさんは昨夏近くに住む友人が体調急変で入院しコロナ禍で家族との面会も許されない中で息を引き取ったことがありました。


Aさんにとっては自分は絶対にそうなりたくない、もし自分に“その時”が来たら「自宅で最期を迎えたい」という気持ちがあったといいます。


その後「あと2~3日というところでしょう」という在宅医の言葉を機に、遠方からも親戚が集まり最後は家族みんなが見守る中で静かに息を引き取りました。


今、「住み慣れた場所で最期を迎えたい」と願う人が増えています。


厚生労働省の「平成29年度人生の最終段階における医療に関する意識調査」によると、「もしあなたが末期がんのような病状となった場合、どこで過ごしながら医療・療養を受けたいですか」との問いに対して、「自宅」との回答が全体の47.4%を占め最も多く、「医療機関」とした回答は37.5%にとどまりました。


約8割の人が病院で死亡する現在だが、自宅で最期を迎えることもできます。コロナ禍のなか、病院では面会が厳しく制限されていることもあり、人生の終末期に入院することの意味を問い直す人が増えています。



最後に

現在日本では約7割の人がワクチン接種を終了しておりますがワクチンを接種して終わりではありません。ワクチン接種をしたからと言っていつどこでコロナ感染してしまうかわからないのです。ワクチン接種した後は「中和抗体」を保有した状態でお過ごしください。


「中和抗体」とは「体内へのウイルス侵入を防ぐ力」のことです。その抗体量が高いと感染リスクを回避するだけではなく、感染したとしても重症化を回避する事が出来ます。中和抗体を保有する事は自分の為だけではなく、周りの人の為にもなります。そんな中和抗体をどれだけ保有しているか確認してみませんか?


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀