全ての記事

自粛上手はお金持ち?



新型コロナウイルスの流行により、国からの給付金が出たり、あるいは旅行などのレジャーに出資ができなくなったため、お金が余っていたり…なんてこともあるかと思います。


また、コロナ禍で飲食店でのバイトができなくなったことを理由に投資を始めて、今ではアルバイトをしていた時よりも稼ぎがある!なんていう学生もいらっしゃるのではないでしょうか。


今回は余ったお金の使い方についてお話します。


緊急事態宣言が解除された今、旅行や遊びのことで頭がいっぱいという人と、まだ油断できないなと考えている人と、世の中は大きく二つの意見に分かれると思います。


単刀直入に言うと、後者の方がお金の使い方が上手な人だと筆者は思います。


おそらく前者に当てはまる人は、コロナ禍において合間を見つけてちょくちょく遊びに出かけたり、普段は買わない高級なものを買ってみたり、なんだかんだ出費があった人ではないでしょうか。


後者の方は、必要最低限の外出にとどめ、きちんと我慢されてきたのではないかなと思います。なぜ、後者の方がお金の使い方が上手いのではないかという意見になったかというと、今回の新型コロナウイルスが引き起こした自粛期間の過ごし方とお金の使い方には類似性があるのではないかと考えたからです。すごく簡単に言うと、我慢ができる人はお金を貯めることが普通だと思って生活をしています。しかし、我慢ができない人というのは目先のことしか考えられないので、今の満足度を満たすためにはどうしたらいいかということに注力します。そのため、「出かけることでコロナにかかったら?」「アルバイトができないのに今の手元にあるお金を使っていいの?」とは一切考えません。これを考えられる人がお金との付き合い方が上手い人なのではないでしょうか。


友人や兄弟などを思い浮かべてみてください。言われてみると、確かにそうかも、と思いませんか?


では、今、お金がある!という人は今後のためにもどう行動したらよいのでしょうか。


一概にこうとは言い切れませんが、自粛は未だ続けている必要があると筆者は思います。


その理由は、新型コロナウイルスとの今後の付き合い方が明確になっていないから。


確かに感染者数も減りましたし、ワクチン接種率も増えています。しかし、新型コロナウイルスが私たちの生活から消えるのか、今後ワクチンを追加で打つ必要はないのかなど不明なことが多いため今すぐ自粛を解除してお金を使いすぎるというのはお勧めできません。


また、今年の冬はインフルエンザウイルスが大流行するとの見解も出ているので注意も必要です。


お出かけや旅行シーズンの前にお勧めしたいのが中和抗体検査キットです。


ご自身の体内に中和抗体と呼ばれる感染を防ぐ役割をすると言われている抗体があるか調べてみませんか。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


これからワクチンパスポートが普及されるかもしれませんので、証明書の発行ができる場所を確認しておきましょう。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀