全ての記事

人生で一回もワクチンを打たなかった人の未来



ワクチンや予防接種は自分たちが生まれたときから義務付けられています。そのワクチンを接種しなかったらどうなってしまうのでしょうか。



・子供の時に接種するワクチン

自分たちがワクチンはたくさんあり、何の病気のワクチンを接種したかはわかる人は少ないと思います。

乳幼児の国や自治体が積極的接種を推奨していて、ほとんど無料で受けられる定期接種は8種類あります。


・B型肝炎(B型肝炎)

・ヒブ(ヒブによる細菌性髄膜炎・細菌性肺炎・喉頭蓋炎など)

・小児用肺炎球菌/PCV13(肺炎球菌による細菌性髄膜炎・敗血症など侵襲性感染症)

・四種混合Ⅰ期/DPT-IPV(ジフテリア、百日ぜき、破傷風、ポリオ)

・BCG(結核)

・MRⅠ期(麻疹・風疹)

・日本脳炎Ⅰ期

・水痘(水痘)


これらのワクチンはコロナウイルスと一緒の“努力義務”とされていて、接種は推奨とされていますが、全て接種しなかったら、どうなるのでしょうか。




・ワクチンを接種しなかったら

子どものころにワクチンを接種する理由は、乳幼児は免疫力がとても弱く、感染症に発症した場合、ほとんど重症化したり、後遺症が残ってしまう可能性が高いと言われています。


そのため、免疫力が低い子どものころに予防接種を受けることで、ウイルスや細菌感染で命が失われてしまう事を防ぎます。


子どものころに予防接種をする「VPD」はワクチンで防げる病気です。副反応を心配してワクチンを接種しなかったら、大切な命が失われてしまう可能性が非常に高いです。また、妊娠中にVPDに感染してしまうと、お腹にいる赤ちゃんに重大な影響が出ることがあります。

そのようなことが無いよう、保護者は責任をもってワクチンを受けさせる必要があります。



・まとめ

ワクチンは“努力義務”とされていますが、接種しなかったときのリスクがとても高いです。

今もこれからも健康にいる為に、ワクチンを接種しましょう。また、ワクチンを接種したら確認すべきは「抗体量」です。


コロナウイルスのワクチンを接種したらコロナに感染しづらくなる、重症化しづらくなると言われている「中和抗体」が体にできます。


ワクチンの接種4週間後に、今のあなたの抗体量を確認しませんか?


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではスタッフのサポート付きでその場で検査でき、中和抗体獲得証明書や、抗原検査の陰性証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀