全ての記事

コロナワクチンは痛くない?!



新型コロナウイルスのワクチンによって注射を打つ機会が増えたと思います。


コロナのワクチンの注射がインフルエンザワクチンの注射より痛くないと思った人はいませんか?それは、インフルエンザワクチンの注射は「皮下注射」という方法で打たれていて、コロナワクチンでは「筋肉注射」という方法で打たれているからです。


今回は2種類の注射方法について解説していきたいと思います。



・皮下注射

針を斜めに刺し、皮膚と筋肉の層の間にある、脂肪がおもな皮下組織に薬物を注入する注射です。一般に吸収がゆっくりで効果があらわれるまでに時間がかかりますが、長続きするのが特徴です。インフルエンザワクチン以外にも、水痘(みずぼうそう)ワクチン、日本脳炎ワクチンなど、日本で行われている予防接種の多くは、この方法が用いられています。



・筋肉注射

針を垂直に刺し、皮膚表面からもっとも深いところにある、筋肉に薬物を注入する注射です。皮下注射より吸収がはやく、効果があらわれるのもはやいため、刺激の強い薬物でも注入できるのが特徴です。注射を刺す腕や肩をしっかりと脱力していると痛みをあまり感じないそうです。逆に力が入ってしまっていると皮下注射よりも痛みを感じてしまうのでこれからコロナワクチンを接種する人は脱力することを意識してみてください。海外ではインフルエンザワクチンも筋肉注射で行われています。


痛くないなら日本でもインフルエンザワクチンを筋肉注射でやればいいのにと思うのですが、日本で筋肉注射が避けられているのには理由があります。日本国内で、ワクチンの筋注が避けられてきた理由として、薬剤筋注投与による大腿四頭筋短縮症が社会問題となった時代背景があります。しかし、原因薬剤として当時問題となったものの多くはワクチンではなく、抗菌薬や鎮痛剤の筋肉注射でした。この大題四頭筋短縮症の問題から、筋肉注射それ自体が問題であるという考えが定着していったために、日本では筋肉注射が避けられています。



・まとめ

筆者はまだコロナワクチンを一回しか打っていないのですが、上手く脱力ができていたようで、痛みを感じることなく注射してもらえました。2回目もしっかりと脱力し痛みを感じることなくワクチン接種を終えたいです。そして、ワクチン接種を終えたら自分に中和抗体があるか検査してみたいと思います。


サステナブル・プランニングの提供するBiosis Healing社製の中和抗体検査キットは


■郵送が不要+約15分で検査結果が出るので、待機する必要なし。

■全世界2億個以上の販売実績※2021年3月時点

■EUの安全基準を満たすとつけられる「CEマーク」取得済み

■トップクラスの精度97.4%


製品に関してのご不明点は、こちらからお問合せください。


実店舗ではその場で検査でき、中和抗体獲得証明書の発行も可能です。

実店舗の場所や不明な点は、こちらからお問合せください。


Healthy Standの他の記事は▶こちら◀