全ての記事

抗原検査キットを使わずにワクチン接種を行った後悔



ワクチン接種を行ったあと、様々な副反応が見られることはワクチン接種を行った方々ならご存知のことであろう。


そんな中、とある若い男性が1回目のワクチン接種を行った。


ワクチン接種から4日後、突然の高熱が出た。


発熱が出た翌日も熱は下がることなく保健所に問い合わせをし、ドライブスルー方式でPCR検査を行ったのだ。


検査から2日後、陽性が確認された彼は、ワクチン接種した日の前後1週間で、感染するきっかけがどこにあったのかよく考えたが心当たりはなかった。


重症化を抑えるためにワクチン接種を行っただけなのに高熱とともに味覚は失われ、咳もでてしまった。


同居人の女性はそんな中、何事もなく元気に過ごしているので、念のため、自宅内ではこまめな消毒や細心の注意を払って、別々の部屋で就寝する日々が数日続いた。


そんな彼は別の部屋からふと1通のLINEが届き、こう呟いた、

「ワクチン接種を受ける前に自分がコロナにかかっているかどうか

調べることが出来たら、正しいタイミングでワクチン接種を受けることができたかもしれない」


それを読んだ女性は、

「抗原検査キットで検査をあらかじめしていればよかったね。手配不足で申し訳ない」

と悔しい気持ちで返信をした。




抗原検査キットでは、『いまコロナにかかっているかどうかを知る』検査であるため、出張前や帰省前、日頃の体調管理に使用されることで大活躍している検査キット。


10分から15分で結果が見えるものであるので定期的に抗原検査キットを使用するという体調管理の新しい習慣として注目されつつある。


未だワクチン接種を行っていない、若い方々にぜひこの記事を読んだことをきっかけに、あらかじめ抗原検査キットを使用して確認を行ってからワクチン接種に臨むほうが後々後悔は少ないであろう。


今回の男性のように、あらかじめ自身の状態を知ることが出来れば、おそらく正しいタイミングでワクチン接種が行えるほか、ワクチン接種後は副作用のみで済んだ可能性があった。


抗原検査キットはこういった使われ方もされるべきであり、それによってなるべく負担の少ないワクチン接種がかなえられるであろう。


新型コロナウイルスワクチンは、ウイルスのタンパク質をつくるもとになる情報の一部を注射することで、ウイルスに対する免疫を作り出しています。

ウイルス自体を体内に投与してはいませんので、接種をすることでPCR検査が陽性になることはありません。


安心してワクチン接種を行うだけではなく、まずは自身がワクチンを打っても問題ないかを確認すべく抗原検査キットで簡易検査を行ってみましょう。